WordPress設定

ブログのプライバシーポリシーの作成・設定方法を分かりやすく徹底解説

privacy-policy

今回は、ブログにプライバシーポリシーの作成・設定の方法をご紹介します。
あってもなくても良いものと思っているかもしれませんが、以下2つの理由から必ず設置するべきものです。

ブログ運営では個人情報取扱方針を掲示すべき
ブログ運営では、お問い合わせ・コメントフォームなどを設けることが一般的ですが、その際に相手の個人情報を保持することになります。またGoogleアナリティクスやアフィリエイトなどが自動で個人情報を収集することもあります。
プライバシーポリシーで個人情報取り扱い方針を示して、予期せぬ揉め事を回避できるようにしましょう。

アフィリエイト審査が通りやすくなる
アフィリエイト申請する際、プライバシーポリシーが設定されいるか審査される場合があります。審査に通るための準備事項としても、プライバシーポリシーの設定は重要です。

プライバシーポリシーの作成、設定の方法を画像付きで詳しく解説します。
この記事の通りに実施すれば、以下のようにブログにプライバシーポリシーを表示することができるようになります。(画像クリックすると拡大表示されます)
ブログ初心者の方でもうまく設定できるので、ご安心ください。

プライバシーポリシーの作成

プライバシーポリシーは固定ページで作成します。固定ページの作成方法をここでは解説します。

注意ポイント

本記事では、プライバシーポリシーとして何を記載すべきかについては詳しく解説しません。今回は、当ブログで設定しているプライバシーポリシーを使って解説していきます。
当ブログのプライバシーポリシーは「こちら」です。
サイトごとに事情は違うので、参考にしてもらう分には良いですが、丸コピは止めましょう。

WordPressダッシュバード画面の「固定ページ」から、新規追加ボタンをクリックしてください。

参考

上図の固定ページ一覧に「プライバシーポリシー(サンプル)」がありますが、これはWordPressインストール時に自動で生成されるテンプレートページです。
プライバシーポリシーの記載内容を検討する上で参考なるので、残しておきましょう。
そのため、公開用のプライバシーポリシーの固定ページを新規で作成します。

新規追加した固定ページ編集画面で、プライバシーポリシーの内容を記載してください。ここに書いた内容がそのまま公開されるので、タイトルを含めしっかりと記載しましょう。
下図は、当ブログで設定しているプライバシーポリシーの固定ページ編集画面です。

記載が完了したら、投稿編集画面の右上の「公開する」ボタンをクリックしてください。
これでプライバシーポリシーの固定ページ作成は完了です。

プライバシーポリシーの設定

プライバシーポリシーの設定は2通りの方法があります。

方法① WordPressのメニュー機能を使った設定方法

WordPressのメニュー機能を使います。WordPressの標準機能を使うので、誰でも使える方法ですが、配置の自由度は多少制限されます。
サイドバーやヘッダー、フッターのメニューとして、プライバシーポリシーを表示することができます。

方法② WordPressのウィジェット機能を使った設定方法

WordPressのウィジット機能を使います。配置の自由度は高いですが、配置できる場所は適用するテーマに依存します。WordPressのウィジット機能を使います。配置の自由度は高いですが、配置できる場所は適用するテーマに依存します。

それぞれの設定方法について、詳しくここから解説します。

方法① WordPressのメニュー機能を使った設定方法

WordPressダッシュボード画面の「外観」-「メニュー」から、メニュー画面を開き、「新しいメニューを作成しましょう」をクリックしてください。

「メニュー名」に適当な名称を入力し、左側のメニューから、先ほど作ったプライバシーポリシー用の固定ページを選択し、「メニューに追加」ボタンをクリックしてください。
(ここで入力した「メニュー名」は公開される情報ではないので、ここで付ける名称はあまり気にせず大丈夫です。ここではフッターに表示するメニューを作成するので、「フッターメニュー」としています。)

「フッター用メニュー」を選択して、「メニューを保存」をクリックしてください。

ポイント

ここで、「ヘッダー用メニュー」「サイド用メニュー」などを選択すれば、フッター以外の場所にもプライバシーポリシーを表示可能です。

設定は以上です。今回はフッターメニューとしてプライバシーポリシーを表示させるようにしたので、実際にブログの下部を確認してみてください。
以下のように表示されていて、クリックすると作成したプライバシーポリシーの固定ページが表示されれば、設定成功です。

方法② WordPressのウィジェット機能を使った設定方法

WordPressダッシュボード画面の「外観」-「ウィジェット」から、ウィジェット画面を開いてください。
ウィジェット画面左側と右側の表示内容は以下の通りです。

ウィジェット画面左側のウィジェット一覧から、「00_STINGERカスタムHTML」を選択して、プルダウンから「フッター右用ウィジェット(3列目)」を選択して、「ウィジェットを追加」ボタンをクリックしてください。

参考

「フッター右用ウィジェット(2列目)」などを選択すれば、色々な場所にプライバシーポリシーを表示可能です。

注意ポイント

ここでは、「Affinger5」のテーマを適用している前提で説明しました。
もし異なるテーマを適用している場合は、WordPress標準のウィジェット「カスタムHTML」を選択してください。

追加すると、ウィジェット画面右側の「フッター右用ウィジェット(3列目)」に「00_STINGERカスタムHTML」が追加されます。
まず「タイトル」を入力してください。特にこだわり無ければ、下図の通りで大丈夫です。

次に「内容」欄にHTMLコードを入力しますが、HTMLコードはWordPress機能で自動作成します。
ここから別画面での操作となるので、「内容」欄は空欄のまま、一度「保存」ボタンをクリックしてください。

ここからは、HTMLコードを自動作成するため、WordPressダッシュボード画面の「投稿」から、投稿画面を開き、新規追加ボタンをクリックして、投稿編集画面を開いてください。

投稿編集画面で、下図のように「プライバシーポリシー」と文字入力してください。

入力文字を選択した状態で、「リンク」ボタンをクリックすると、URLを入力する欄が表示されます。

URL入力欄に、作成したプライバシーポリシーの固定ページのURLを入力し、「送信」ボタンをクリックしてください。

参考

固定ページのURLは、固定ページ編集画面の右メニューから確認できます。

下図のとおり、「HTMLとして編集」をクリックすると、HTMLコードが表示されるので、そのコードを丸っとコピーしてください。

再度、WordPressダッシューボードの「外眼」-「ウィジェット」から下記の画面を表示して、コピーしたHTMLコードを「内容」欄に貼り付けてください。
貼り付けたら「保存」ボタンをクリックしてください。

設定は以上です。今回はフッター箇所にプライバシーポリシーを表示させるようにしたので、実際にブログの下部を確認してみてください。
以下のように表示されていて、クリックすると作成したプライバシーポリシーの固定ページが表示されれば、設定成功です。

ポイント

フッター部分の背景に合わせて、HTMLコード自動生成前に文字色や文字背景色を調整してください。調整後に「HTMLとして編集」を選択して、HTMLコードを表示しコピーしてください。
調整箇所は下図の赤枠部分です。フッターに馴染む形でプライバシーポリシーを表示することができます。(下図は背景色を黒、文字色を白に設定しています)

まとめ

今回は、初期設定すべき「プライバシーポリシー」の作成・設定方法を解説しました。
2通りの設定方法をご紹介しましたが、どちらも同じようなことが出来るので、好きな方で設定してみてください。
ちなみに私のお勧めはウィジェット機能を使った方法です。比較的自由にプライバシーポリシーを表示することができます。

  • この記事を書いた人

いぐあいん

東証一部上場企業で働くサラリーマン。 都内在住。 2020/4に人生初のブログを開設。 社会的・経済的に自由な生活を求めて、 副業による新たな収入源の確保を模索中。 ブログ運営・ポイ活・フリマ販売などの ノウハウを情報発信していきます。

-WordPress設定
-,

Copyright© 副業ミチシルベ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.